古い反物と着物は、どちらも買取してもらえる?

私の実家には、仕立てた着物しかありませんでしたが、中には、反物がたっぷり!なんてお宅もあるかもしれません。

 

まぁ、今どき反物で買うってことも一般の家庭ではないとは思いますが、昔はそういうこともあったみたいですし、中には、家を整理していたら反物が何本も出てきたなんてこともあるかもしれません。

 

 

仕立ててある着物は、出来上がっているものだけど、反物ならこれから仕立てていくなど使いみちが幅広いから、仕立てた古い着物よりも高く売れそうな気がします。

 

反物と仕立てた着物どっちが高く売れる?

わたしもこれが気になって、着物買取の査定員の方に質問してみたんですが、やっぱりその”モノ”によるようです。

 

いくらいい織物の反物であっても汚れやカビ、虫食いとか焼けなどがあれば、買取価格は安くなってしまうし、上質な素材で管理も行き届いた状態であれば、高くなることもある!ということでした。

 

 

着物になっているからとか反物だからという感じではなかったですね。

 

 

でも古い着物と比べると型崩れという心配がないので、仕立てた着物よりも反物の状態の方が高い買取の値段がつくことも多いみたい。

 

 

結局は、その反物、着物の素材とか作者とかにもよるので単純には比較はできないんでしょうけどね。

 

 

 

反物の買取相場ってどのくらい?

反物って、なんとなくですが、時代劇とかに影響されているんでしょうけど、何本も積み重なってピラミッドみたい出てくると、すごく高そうなイメージなんですよね。

 

買取価格も、それ相応にいい値がつくんじゃない?なんてことを考えてしまいます。

 

 

相場は、正直ピンきりみたいで、素材やデザインにもよるし一般的な正絹であれば、数万円の値がつくことがほとんど。

 

一方で、反物でもっていることは業者さんくらいしかいないでしょうけど、ポリエステルの反物であれば格段に安くなってしまいます。

 

 

目安となる相場をチェックするには、着物買取の業者さんの買取実績などを参考にするのがいいのですが、その買取実績でも、反物によって価値って全然違うので、既成品の洋服のようにはいかないんですよね。

 

実際、着物買取の業者さんのホームページでチェックしてみると、反物でン十万円の買取価格がついているものや、高いものだと100万円以上なんてものもあります。

 

 

でも、ここまでの価格がつくのは稀なケース。

 

 

なので、どのくらいの買取価格になるかは、実際に買取査定をしてもらわないとわからないですね。

 

 

より高く買取してもらうには?

反物をより高く買取してもらうには、やはり、複数の着物買取業者さんに買取査定をしてもらうというのが1番。

 

しかも、大手の買取業者さんから、地元の老舗のような買取屋さんまでいろんなタイプの買取サービスで査定をしてもらうのがより高く買取してもらうコツになります。

 

正直、連絡をしたり査定の日程を組んだりするので、手間はかかります。

 

 

でも、その手間でン十万円とかの差が出る可能性もあるので、やれることはやりきったほうがいいですね。

 

 

高く売れやすい反物の素材ってあるの?

反物の素材には、いくつかありますが、絹や木綿。麻というのが主なところ。

 

合成繊維の素材もありますが、一般家庭で合成繊維の反物を保管しているようなことはまずないんじゃないかな?と思います。

 

 

で、この中でより高い値が付きそうなのが、絹素材の反物。

 

絹素材の中でも高いのが正絹。(読み方は”しょうけん”というそうです)

 

 

また、反物の場合は、重さというのがポイントになります。
よく時代劇とかで”もんめ”って言ったりしますが、感じで匁って書きます。

 

この匁というのは単位で、反物の証紙とかに匁数(っていうのかな?)が書いてあれば、数字が大きければ大きいほど、絹の割合が多い!ってことになるんです。
其の分高級ってことですね。

 

 

もちろん、それ以外にも有名な織物とか作品の場合であれば、もっと高くなります。