古い着物の処分で思わぬ臨時収入に!

古い着物の処分を嫁の私が任されて困ってました!

 

旦那のお母さん(つまり義理の母、姑さんですね)から、「終活するから家の片付け手伝って!」という連絡、いや命令がきて、仕方なく旦那と一緒に実家に行ったんですが、実家の片付けって大変!

 

大体のものは、旦那とお義母さんが相談して、捨てたりして整理できたんですが、やっぱり思い出もあるものって、なかなか処分できないものですね。

 

そのなかでも特に困ったのが、着物!

 

古い着物 処分

 

古い着物でも形見の着物は捨てられない

 

お義母さんの着物やら、おばあさんから引き継いだ着物やらタンスの上半分を占領してました。喪服も合わせると8棹も。

 

で、その着物をどうするかって話になって、お義母さんが

 

「なおさんにこの古い着物の処分は任せるわ!捨ててもいいし、あなたが着てもいいし!」

 

と、全部私に丸投げ。

 

 

正直わたしは着付けもできないし、着物なんて、この先着ることなんてまずないので、もらうなんていい迷惑。

 

旦那は、「良さそうなのを1棹もらって、あとは捨てれば」なんて軽くいうけど、さすがに血がつながっていないおばあさんとはいえ、形見みたいなもの。
だから、軽々しく捨てられないし、お義母さんは捨ててもいい!って言ったけど、実際に捨てたらなんて言われることか!

 

 

古い着物でも売れる!買取してもらえる!

古い着物の処分方法で困った

 

そうはいっても、狭い我が家には、着ない着物、しかも古い着物を置く収納スペースなんてない。

 

そんなとき、テレビを見ていたら芸能人の不要なものを処分するって番組で、古い着物の処分をやってたんです。

 

これだぁ〜と思って、お義母さんに「芸能人が着物売ってけっこういいお金になってましたよ」って言ったら、なんだかおもしろくないような答えだったけど、渋々買取査定だけ受けてみるってことになりました。

 

わたしが古い着物の処分、買取をお願いしたのがテレビCMでも見たことのあるバイセルという着物買取店。

 

着物買取のバイセル買取方法を見る

 

 

古い着物の買取に自宅まで出張して来てくれました

バイセル(会社名は株式会社BuySell_Technologies)の他にも、ネットで調べたら古い着物でも買取してくれる着物買取店ってたくさんあるんですね。
着物の買取店については別に紹介したいとおもいますが、地元の買取店を含めてたくさんあります。

 

その中でも、バイセルを選んだのは、やっぱりテレビCMでも見たことあったし、自宅まで出張買取査定に来てもらえるってことだったので選んでみました。

 

古い着物を捨てなくてよかった!

バイセルさんに申し込んだらすぐに出張査定の日程などの連絡がきて、査定価格に納得いかない場合は無理に売らなくてもいいってことだったので、都合の良い日に買取査定をお願いしました。

 

査定員の方は、査定士の免許?身分証明書みたいなのを提示して、ちゃんとしてました。

 

査定は、1着1着丁寧に査定してくれました。
「丁寧に保管されてますね」なんて言われて、お義母さんも自慢気。

 

買取の査定額も、めちゃくちゃ高い金額ってわけじゃないけど、着物の古着であっても売れることにびっくり。

 

もう着ない着物だからって捨てなくてよかった!損するところでした。

 

 

買取の流れと買取できる着物

私達が、古い着物の処分をお願いしたのは、テレビCMでもおなじみのバイセルさんなんですが、バイセルさんの着物買取査定の流れや古い着物でもどういう着物が売れるか?などを少し紹介しますね。

 

上でも紹介しましたが、バイセルさんに限ったことではないと思いますが、自宅に来た際には、身分証明書を提示して、

 

「コレコレこういうことをしますよ!」

 

といった訪問目的などを書面を見せてくれながら説明をしてくれます。
時間はそんなにかかりません。

 

どうやら、バイセルさんでは、着物以外にも家にある不用品などを買取してくれるみたいなんですが、事前にこちらがお願いしたモノ以外は査定とか買取ってその時はできないそうなんです。

 

できれば、いらないモノもまとめて買取してほしかったけど、買取詐欺とかも多いらしくてそのあたりのルールは徹底しているみたいです。

 

で、事前の説明が済むと買取品の査定になるんですが、しっかり隅々までみてくれます。

 

驚いたのですが、古い着物なので汚れとか日焼けしたような感じの着物もあったんですけど、それにも買取の値段がついたのですごくラッキーでした。
よほど激しいダメージがない限りは買取が可能なんだそうです。

 

査定後に査定価格を提示されて、納得して買取してもらうとなると、その場で現金を受け取り買取成立!ってなります。

 

 

古い着物の処分なんて、捨てるか、人にあげる、あとはリサイクルショップに持っていくくらいしか思いつきませんでしたが、着物買取の専門サービスで思わぬ臨時収入になって、みんなでお寿司を食べましたよ!

 

 

あと、バイセルの会社から「査定時に問題はなかったか?」といったアフターフォローの電話がかかってきて、安心感はありましたね。

 

この人↓がイメージキャラクターのバイセル公式サイトはコチラ

 

 

 

 

古い着物を処分できる着物買取方法やおすすめポイント

古い着物の処分の方法は、いろいろありますが、我が家の場合は早まって捨てなくてほんとよかったです。

 

我が家は、着物の買取でバイセルさんで出張買取をお願いしましたが、バイセルさんに限らず着物買取業者さんのほとんどが、

 

  • 出張買取
  • 宅配買取
  • 店舗への持ち込み

 

という3つの方法に対応しています。

 

着物の場合は、着物だけじゃなくて、帯とか襦袢、髪飾り、草履など和装小物などもあるのでけっこうな荷物になりますよね。
なので、個人で店頭に持ち込むってなるとけっこうな手間というか労力がかかります。

 

その点、出張買取や宅配買取なら、そういう荷物を運ぶ手間が省けるので、ほとんどの人が出張買取か宅配買取を利用しているってバイセルの人が言ってました。

古い着物 処分

 

ただ、わたしもバイセルさんに買取査定をしてもらったあとに知ったんですけど、最近は、いきなり「不要なものを買取ます」とかって訪問してきて、本当の価値より安く査定して強引に買取していく”押し買い”っていうのが増えているそうですね。

 

一種の詐欺みたいなものらしくて、各市町村など自治体からも注意が出ていました。

 

悪質な押し買いに注意!福岡県警察

 

 

押し買いの場合は、勝手に不要品買取業者が家に訪問してくるのですが、今は、法律で『消費者からの依頼がないと、業者は買い取りできない』とかクーリングオフの対象になっていたり、買い取り価格などを記した書面を交付することが義務づけられています。

 

 

こちらからお願いしていないのに、勝手に買取をすすめてくる業者は断っておくのが安心、安全ですね。

 

 

ちなみに、バイセルさんの場合は、買取成立後に本社?お客様センターみたいなところから買取に対しての応対とか不満はないか?というようなフォローの電話があったり、8日以内ならクーリングオフで買取をキャンセルして着物など品物を売らないってこともできちゃいます。

 

 

古い着物の処分の買取以外の処分方法

古い着物を処分するのに、着物買取専門のサービスを利用するのがおすすめということを紹介してきました。

 

 

ただ、着物によっては買取価格がつかないようなものもあります。
例えば、チェーン店で売られているようなもともと安い着物とか、虫食いなどダメージが激しすぎるものとか、デザインが今のニーズにあっていないとか。

 

基本的に、着物買取の専門サービスでは、買取価格はつかないけどお願いをすれば業者の方で処分してくれので、そういう意味でも、着物買取の専門サービスはおすすめですね。

 

 

ですが、買取できない着物の処分方法って他にどんな方法があるのか?もきになりますよね。

 

ゴミとして処分する方法

着物でも買取に対応していない着物や、見るからにボロボロで買取は無理でしょ!ってモノになると、やっぱりゴミとして捨てるってことになります。

 

ゴミとして捨てる場合、自治体によっては捨て方が違ったりするので、住んでいる市町村など自治体のホームページなどで処分方法を確認してみてくださいね。

 

自治体によっては、普通に燃えるゴミとして捨てることができるところもあれば、資源ごみとして特別な回収日があったりするようですよ。

 

ちなみに、『着物の捨て方』ようのをネットで調べてみたのですが、東京の武蔵野市ってところの着物の捨て方、処分方法をみつけました。

 

武蔵野市役所 ゴミの分別>古着

 

↑が武蔵野市役所の着物のゴミ分別の仕方のページになります。

 

武蔵野市では、古着扱いになるんですね。
着ることができる古着は、再利用されるみたいですけど、着物は”燃やすゴミの日”に出すみたいです。

 

 

ほかはどうかと思って、調べていたら千葉市のホームページが出てきました。
千葉市では資源物として回収されることになるみたいです。→ 千葉市ゴミ分別辞典

 

 

自治体によって、分別方法とか出し方もいろいろなんで、けっこう面倒ですね。

 

 

リサイクルショップでの古い着物の買取

古い着物の処分をするのに、捨てるということ以外で最初に思い浮かぶ方法としては、”リサイクルショップ”で買取してもらうというやり方があると思います。

 

ただ、問題は古い着物をリサイクルショップで買取してもらえるの?ってことじゃないでしょうか。

 

結論からいうと、実はリサイクルショップで古い着物はもちろん、着物の買取にすら対応していないところがほとんどなんです。

 

例えば、リサイクルショップで有名な『ブックオフ』
ブックオフの買取に関するQ&Aをみるし下の画像のように書かれていました。

 

古い着物の処分をブックオフではできない

 

見事に着物の取扱はない!って書かれています。
ちなみに、そのQ&Aのページが→ https://www.bookoff.co.jp/qa/faq.html

 

 

他にもリサイクルショップで有名なトレジャーファクトリーでもチェックしてみました。
トレジャーファクトリーではQ&Aコーナーとか買取NGの商品は書かれていなかったのですが、取扱商品には着物や和服などが入っていないので買取は難しいようですね。→ トレジャーファクトリー取扱商品

 

 

 

やっぱり、古い着物を処分するなら、着物買取の専門店にお願いするのがいいですね。

 

店頭持ち込みで着物を売るときのデメリット

リサイクルショップもそうですし、着物の買取専門店もそうですが、店舗の店頭に持ち込む形で売るという方法もあります。

 

出張買取は便利なんだけど、自宅に査定士さんが来る、家に上がられるというのは、防犯の面からも心配!って人もいるかもしれません。

 

そういう意味では、店頭に持ち込みして売るというのが、余計な心配もいらないので気が楽だったりしますよね。

 

 

ただ、古い着物を買取してもらうのに、店頭持ち込みを利用するのにデメリットもあります。

 

最大のデメリットは、持ち運びが大変!ってことですよね。

 

着物って、収納するときに”たとう紙”って専用のしまうときのモノがありますよね。
タンスにしまうときは、たとう紙に包んだ状態で収納したり、専用の硬い箱に入れてしまったりするんですが、買取してもらうときって、そのまま運ぶことになりますよね。

 

箱にしまってある場合は、箱ごと運べるのでいいのですが、たとう紙の状態で運ぶときって、着物を重ねているとスベったりして運ぶの大変なんですよね。

 

それに、着物ってけっこう重い。

 

買取店に車で運ぶとしても、駐車場から店頭まで距離があると、けっこう重労働。
希望の買取価格で買取してもらえればいいですが、納得できないでキャンセルになったら、また車まで自分で運ばないといけません。

 

なので、店頭への持ち込みで買取をしてもらうときは、運ぶ距離とかも考えておくといいかもしれませんね。

 

 

古い着物を活かす会などでリユース、リメイク

古い着物、ボロボロの着物でも、着物の端布として利用することもできますし、最近は、外国人の方が着物の生地をインテリアとして利用するケースも増えているみたいです。
『古着物に命吹き込み、海外へ』(タウンニュース2018年5月11日号)

 

また、着なくなった着物を着物を活かす会というコミュニティでリサイクル、リユースする活動なども行われています。

 

着物の買取と違って、バザーでの販売というカタチになるようですね。

 

愛着のある着物であれば、古い着物を活かす会などで大事に使ってくれそうな人に譲りたわすというのもいいですね。

 

 

 

 

 

浴衣の買取サービスを利用して、お得に処分する方法、そしてできれば相場よりも高い値段で買い取りしてもらえる買取店や売る方法について紹介します。浴衣を買取してもらいたいけど、浴衣ってどのくらいの価格で売れるのかな?そもそも、買取とかってしてもらえるの?なんて思ったりするかもしれません。最近は、若い子向け...

母親が、自分が着なくなった着物を私に「着なさい!」とくれるのって、正直、ありがた迷惑!って思ったりしませんか?ある意味、いらない着物を押し付けられた!って感じで。母親が亡くなってしまって、形見的な感じで受け継ぐときと、まだ生きている中で、無理やり押し付けられるのは全然、思い入れが違うと思います。わた...

私の実家には、仕立てた着物しかありませんでしたが、中には、反物がたっぷり!なんてお宅もあるかもしれません。まぁ、今どき反物で買うってことも一般の家庭ではないとは思いますが、昔はそういうこともあったみたいですし、中には、家を整理していたら反物が何本も出てきたなんてこともあるかもしれません。仕立ててある...

当サイト『古い着物の処分に着物買取にお願いしたら思わぬ臨時収入になりました』の運営者情報のページです。自分も経験したこともあり、古い着物の処分方法についてまとめてみました。古い着物なんて!と思って、ゴミとして処分するのではなく、他に欲しいという人もいる可能性もあるし、もしかしたら、その古い着物がお宝...